上野限定風俗情報サイト 『上野風俗』

上野の人気のご当地グルメスポット!

上野でグルメスポットとして人気のあるレストランや食堂を回ってみるのも楽しいものです。基本的には町のレストランや食堂ですが、いわゆるB級グルメに当たるものもあります。お手軽な料金の美味しいお店がいくつもあるので、時間を分けて何回か食べ歩いてみると良いでしょう。まずはネットでも評判のつけ麺のお店です。つけめん102上野店は鰹がガツンと効いた魚介系とトンコツのダブルスープで、そこにシコシコのやや太めのストレート麺をつけて食べます。ボリュームもあり、納得の人気メニューです。場所は栄町3丁目で、アクセスはJR上野駅より徒歩3分と近いです。

 

そして銀豚・上野店お座敷は、豚肉が分厚くてジューシーなのです。サクサクの衣と柔らかいお肉の食感も抜群で、美味しいと評判のとんかつやさんです。ごはんにもこだわりがあって、圧釜で炊いているのでお米の美味しさは一味違います。キャベツと味噌汁がお替り自由なのも有難いでしょう。お店へのアクセスはJR上野駅より徒歩で20分ですが、14台分の駐車場もありますので、車で行くと便利です。

 

それからカレーショップ・Shivaja上野では本格的なインドのカレーが食べられます。特にこだわりのあるキーマカレーが絶品で、本場インドのカレーがそのまま味わえるのも人気の秘密でしょう。ランチでは720円ナン・ライスが食べ放題なのもうれしいところです。場所は並木3丁目でJR上野駅より徒歩で4分です。他にも上野にはグルメスポットたくさんあって、ご自分の脚で探索していく楽しみがあります。


野鳥と一輪草の原生林を旅する観光コース!

上野を観光するならば緑豊かな上野公園が良いでしょう。自然そのままの森から造園の美しい公園まで、ハイキングをしながら訪ねて回るならば、お一人でもご家族連れでも存分に楽しむ事のできる街なのです。お子さんも喜ぶアトラクションがいくつもあって、行楽に行くには打って付けでしょう。ミニSLに乗って園内を一周したり、珍しいなん百種類もの熱帯植物が観賞したりできる大温室で森林浴をする事もできます。また、いくつかある池にはザリガニやメダカ、タナゴなどの小魚もいっぱいで、お子さん達が生き物を観察して楽しむ事もできるのです。その他にも自然に触れるポイントがたくさんで、1日中いても飽きない公園です。

 

その他にはゴリラ公園があります。本格的なBMXバイクのコースがあって、大人から子供までオフロード自転車ファンには楽しいスポットです。園内には巨大なゴリラの像があって、それも人気の公園です。池の周辺は雑木林が生い茂り、静かで空気の美味しいところです。カワセミなどの野鳥も多く生息していて、バードウォッチャーには人気のスポットでもあります。

 

また、ふるさとの森もあります。ここは野生の一輪草の群生地としても有名です。木立にいっせいに咲いた薄紫の野花の美しさは、人々の心を癒してくれる温かさがあります。天気の良い日にお弁当を持ってゆっくりとピクニックするのに最適な場所です。


上野で風俗ならデリヘルで

上野の風俗と言えば鶯谷も有名ですが、最近は全国的に無店舗型風俗のデリバリーヘルス、いわゆるデリヘルが流行っています。
上野のように店舗型も多い地域ではお店の競争が激しく、リーズナブルな価格で質の高い女性と遊べると評判ですので、まだデリヘルを利用したことの無い方は、一度チャレンジしてみるのも面白いと思います。
また、上野から少し足を伸ばすと西川口で有名な埼玉の風俗でも遊ぶことが出来ます。こちらも少し前までは店舗型が主流でしたが、今はデリヘルのお店が多くなっています。
しかしやはり店舗型の需要も根強く、上野や鶯谷同様に今でも多くの男性に利用されています。


江戸時代の上野

江戸時代、上野を含む一帯の地域は幕府の直轄地となります。関東郡代の伊奈氏が統治にあたり、伊奈氏は徳川の関東支配の基礎を築くのに大きな貢献を果たします。周辺の地域は河川が縦横に走っていたため、治水の技術が発展していきます。 1728年に見沼代用水路を整備し、舟による運搬が盛んになったことから商品の流通量が飛躍的に増大します。物品やカネ、人が回るようになり、現代の上野の発展の基礎がこの時代に形作られることになります。

 

様々な産業が勃興し、中でも鋳物産業が大きく発展します。鋳物産業は元来、農閑期の副業として始まりましたが、荒川の良質な砂や粘土を利用した鋳物は質が高く、舟運にも恵まれていたことから大都市の江戸での高い需要に応えて発展の一途をたどります。釜や鍋などの日用品だけでなく、幕府や藩の大砲や砲弾の鋳造も盛んになっています。

 

また、承応年間(1652〜1654年)に安行地域で始まった植木や苗木の栽培は、1657年(明暦3年)に江戸が大火事に見舞われたことから、植木や草花の需要が高まり、供給量が増大していきます。幕末期には、織物や釣り竿、味噌などの商品が江戸を中心に人気が高まり、主要産業として発展していきます。元来の主力であった鋳造業は、勝海舟の指示によって、品質の安定した上野で大砲が製造されるようになります。当時の中心地は今の本町1丁目や金山町で、現在の中心地である上野駅周辺は田畑や湿地帯であったと記録に残っています。